わきがとは?

わきがとは?

「わきが」は一般の人にも広く認知されている症状ですが、正式な病名は「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。

文字通り「腋(わき)が臭う」病気です。

日本人の間でも腋臭症は増加傾向にあると言われていますが、日本人の有病率は10~15%です。

世界的にみれば白人の有病率は80%、黒人はほぼ100%と言われていますので日本人の有病率は極端に少ないと言えます。

わきがはナゼ臭うの?

「わきが」の原因はアポクリン腺と呼ばれる汗腺の一種から分泌される汗に細菌が混入して増殖する事で悪臭を放つと考えられています。

わきがの臭いの特徴はいつまでも口の中に残る苦みを感じる臭いです。

他に特徴のある臭いが無いことからわきがを引き起こす細菌の種類は限定されていると考えられます。

ちなみに日本人に多い体臭のタイプは口臭ですが、こちらは歯周病菌やミュータンス菌(虫歯菌)の増殖が原因で、生魚が腐ったような臭いになります。

わきがも口臭も細菌の増殖が原因ですが臭いのタイプが違うのでアポクリン腺から分泌される汗を好む細菌の種類が口臭の原因菌とは違う事が分かります。

アポクリン腺とは?

人の汗腺(汗を分泌する器官)には二種類あり、一つはアポクリン腺、もう一つはエクリン腺と呼ばれています。

主に「わきが」の原因となるのはアポクリン腺から分泌されている汗であり、この汗を好む細菌が増殖する際に排泄される老廃物がわきが臭の元とされています。

では、アポクリン腺とエクリン腺にはどのような違いがあるのでしょうか。

実際の生活シーンを例に説明していきましょう。

まずアポクリン腺から分泌される汗ですが、こちらは油分の多い「じっとり」「べったり」とした汗です。

この汗は緊張している時に分泌されます。

緊張時に出る汗の事を脂汗と言いますがまさにこの汗にピッタリの表現と言えます。

アポクリン腺は腋の下、乳輪付近、肛門の周囲、小鼻付近、まぶたの辺り、性器周辺など特定の場所にしか存在しません。

一方でエクリン腺の方ですがこれは体中にある汗腺です。

スポーツをした時、体を動かし始めると筋肉が緊張するので最初はアポクリン腺からベトベトした汗が出てきますが、しばらく運動を続けていると今度はさらさらとした汗が出てきます。

これがエクリン腺から分泌される汗で、99%以上が水分で残りの1%にナトリウムやマグネシウムなどのミネラルを含んでいます。

この事からもエクリン腺から出る汗は主に体温調節を担っていると考えられています。




このページの先頭へ