わきがの手術後どのくらいで退院できるの?

わきがの手術後はどのぐらいで退院できるの?

わきがの手術を行なっている皮膚科や形成外科のサイトを調べてみると皮弁術(切開術の一種で高度な手術方法)を行なっている場合でも3日程度が入院期間としては一般的のようです。

ただし、切開術の場合は術創から膿みが出ることが多いので排膿の為にドレーンチューブを留置しています。

退院後も傷口が完全に塞がって化膿が治まるまでは1週間以上かかる場合が多いのでその間は自宅でもドレーンチューブが留置されたまま療養するという事になります。

化膿している間は痛みもありますから無理して腕や肩を動かしたり入浴時に水で濡らすという行為は控えなければなりません。

それだけ治りが遅くなるリスクが高まってしまいます。

ドレーンチューブを抜管したら穴が残りますが、これは絆創膏で固定していれば自然と塞がる程の小さな穴ですから心配は無用でしょう。

術後はドレーンチューブを抜管するまでは毎日消毒する必要性がありますので、仕事に復帰出来るのは手術から2週間程度が経過してからだと考えるべきでしょう。

皮弁術を行なって傷口が完全に目立たなくなるまでには更に2ヶ月程度要することになりますが、ドレーンの抜管後は定期的な診察以外来院も不要なので仕事復帰は可能です。

切開法以外の手術では日帰りか1泊入院で退院となるケースが多いようです。

入院期間が長引く場合

わきがの原因であるアポクリン腺は大きな器官なので皮下組織とはいえ切開範囲も大きくなります。

このため術後の感染症には十分な注意が必要となります。

術後は全身の抵抗力が弱まっているため、感染症にかかると重症化するリスクが高まります。

このため術後感染症が確認された場合には感染像が消失するまで入院期間が長引くことになります。

わきが手術が出来ない場合

わきがの手術は非常に成功率の高い治療方法ですが、中には身体的な問題によって手術の適用が困難な場合もあります。

その代表格が糖尿病や高血圧症、自己免疫疾患で治療中の患者と妊婦です。

特に糖尿病と高血圧症は術後の傷口が塞がりにくく、入院が長引くという症例が多くなります。

わきがの手術は基本的に局所麻酔で行なわれるものですので、これらの疾患があったり妊娠であったとしても100%手術が不可能という訳ではないのですが、予後が悪くなる確率が高くなることと術後感染症へのリスクが上昇することを考慮すると、手術は回避するのが一般的です。

ただし、身体的な負担の少ないレーザー法や超音波法などは施術可能なケースもあるので、どうしてもわきがが気になる人はレーザ法や超音波法を行なっている医療機関に相談してみると良いでしょう。




このページの先頭へ