ヘルニアの手術の成功確率はどのくらい?

椎間板ヘルニア手術の成功率について

現在の医学では椎間板ヘルニアに対する手術はレーザー法や内視鏡手術などより侵襲の少ない手技も採用され始めているので、手術の安全性は飛躍的に向上していると言えるでしょう。

ここでいう「侵襲」とは麻酔や切開が身体に与えるダメージの事になります。

麻酔によるダメージは全身麻酔が最も大きく、局所麻酔が最も小さくなります。

また切開も範囲が小さければ小さい程ダメージは少なくなりますね。

ただし、レーザー法や内視鏡下手術は従来の手術のように目視でヘルニアの状態を確認するわけでは無く、モニター越しやレントゲン下で施術する事になります。

このため施術者のスキルは従来手術以上に高いものが要求される事になります。

特にレーザー法はヘルニア化した椎間板を全部取り除ききれなかったり、脊椎内の重要な神経を傷つけてしまうリスクもあるため、手術を受ける医療機関がどれぐらいの実績を持つかということを考えなければならないと言えるでしょう。

椎間板ヘルニア手術は腰椎に比べて頸椎の方が難しいとされています。

それは頸椎の方が病巣が小さく、また反りが大きいので後方切開による手術が困難なためです。

それゆえに腰椎椎間板ヘルニアに比べて頸椎椎間板ヘルニアの手術は選択肢が少なくいのが現状で、頸椎椎間板ヘルニアの内視鏡手術を施術可能な医療機関はごく限られているという事を認識しておく必要性あると思われます。

腰椎椎間板ヘルニアでも内視鏡手術は全ての整形外科で施術可能とは言えない状況です。

しかしながら従来法で行なわれる椎間板ヘルニア手術も成功率では80%以上という高い数字をマークしていますので、失敗して神経を傷つけ生涯に渡って運動障害が後遺症として残るというようなケースは少ないと思われます。

これは現代の医療機関では十分なカンファレンスが行なわれ、術前検査や画像診断などの結果から安全性を最優先させて手術の適否が判断されているからです。

鼠径ヘルニア手術の成功率

現在の鼠径ヘルニア手術の主流は切開して嵌頓部(組織間から飛び出してイボのようになっている部分のこと)にある腸を元の位置に戻し、弱くなってしまっている組織間に人工の補強材を挿入して固定するという手術になります。

直接飛び出した腸を切除するような手術では無いため、通常の切開法は手術の中でも比較的簡単な部類に入る手術という認識になります。

また切開する範囲も嵌頓部が直径5cmを上回るような異常に大きい場合を除いてはそれほど大きなものでは無いため、早期に発見出来た鼠径ヘルニアは外来手術も可能となります。

つまり極めて状態の悪い鼠径ヘルニア以外の手術の成功率は非常に高いと考えて差し支えありません。

しかし、炎症を起こしているような場合は場所が腸なので慎重な対応が必要となります。

手術と生活習慣病

手術の適否を判断する際に最も重要視されるリスクは「生活習慣病の有無」です。

一般的な手術の成功率というのは手術に十分対応出来る体力があり、生活習慣病などのリスクが無い状態が前提となりますので、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症などの生活習慣病が指摘されている人の場合は成功率も低下してしまうことが懸念されます。

このため術前に一旦血圧や血糖値のコントロールを行なった上で手術を行なうというケースも多く、手術が可能なまでに全身状態が回復するためには通常よりも長い時間を要する場合もあります。




このページの先頭へ