扁桃腺炎の手術にかかる費用はどのくらい?

扁桃腺手術の費用について

扁桃切除術または扁桃摘出術は全身麻酔で行なわれます。

また殆どが露出した部位の手術であり、それゆえに予後は不良になりがちなので術後の経過をモニターする必要性があるため入院して行なわれます。

したがって扁桃腺手術には診察料+検査費用(画像診断も含む)+手術費用+入院費用がかかる事になります。

扁桃腺手術の概算

入院治療を行なう場合は入院期間がどれぐらいになるかによって負担する費用が大きく変わってきます。

扁桃腺手術は保険適用ですので、手術にかかる費用はどこの病院で受けても変わりません。

手術費用については扁桃切除か扁桃摘出かによって違ってきますが、現代は扁桃摘出が一般的なのでここでは扁桃摘出を行なった際の概算について説明していきたいと思います。

一般的な扁桃摘出術の場合、予後が順調だとして大体9日前後の入院期間を必要としています。

保険の自己負担額は3割なので、差額ベットではない一般の病室に入院するとした場合の自己負担額は10万円程度となります。

ただし、予後が不良で入院期間が長引くと20万円を超える場合もあります。

術後の予後とは

これまでに何度か登場している「予後」という言葉ですが、もしかしたら初めて知る言葉だという人もいるかもしれませんので説明していきたいと思います。

「予後(よご)」とは「今後の見通し」という意味になります。

手術後の予後は「術後の回復見込み」という意味になります。

したがって予後が良い手術というのは早い回復が見込める手術という意味で、予後の悪い手術というのは「回復の遅い手術」という見立てになります。

一般的な扁桃腺手術は口を開けると外気と触れる露出部位の手術となります。

したがって術後の感染症などに細心の注意を払う必要性があります。

また喉の筋肉は口の開閉やつばやものを飲み込む仕草、呼吸などによっても動くため、広範囲を切除する扁桃腺手術では術後の痛みがしばらく続く事になります。

このため患者さんの術後の負担が大きいので「予後の不良」な手術ということになります。

扁桃腺手術の術後の経過

既出の様に扁桃腺のある位置は口蓋垂(のどちんこ)のすぐ奥にあるので口や喉の筋肉の動きの影響をダイレクトに受けやすい部分になります。

風邪を引いて扁桃腺が腫れているとつばを飲み込むだけで強い痛みが走ります。

そこを切り取ることになるのですから、術後にはそれ相応の激痛が残ります。

完全に傷が塞がってしまえば痛みは消えますがそれまでは息をしたり、つばを飲み込んだり、鼻をすすったりするだけでも強い痛みを覚えることになります。

更に扁桃部は口を開けると外気に触れるところなので全身麻酔後の抵抗力が低下している状態ではウィルスや細菌に感染するリスクが高いので少し長めに抗生剤を投与する事になります。

傷が塞がって感染症のリスクが低下するまではおよそ1週間ほどかかり、術後の経過が良好でも退院までには9日前後の日数を要します。




このページの先頭へ