流産とは?

流産とは?

流産とは何らかの理由で妊娠22週目以前に妊娠が終わってしまう事を意味しています。

流産には早期流産と後期流産という時期があり、妊娠12週未満に流産した場合を早期流産、12週目から22週目までを後期流産と呼びます。

現在の医療では妊娠22週未満の胎児に何か重大な生涯が生じた場合に救う事が出来ない事からやむを得ず妊娠を断念せざるを得ない状態になり、それを流産と呼んでいます。

流産には自然流産以外にも先天的な染色体異常による奇形や重度の障害若しくは死亡、事故や転倒などにより母体と共に重篤な状態となった場合に手術が行なわれる場合などがあります。

流産と中絶との違い

流産は自然な状態で起こるのに対し、中絶は人工的に流産の状態にする事を意味しています。

奇形や子宮内で胎児の死亡、母子ともに危険な状態となり母体を優先的に助けなければならないような状況の場合は人工流産となりますが、胎児が育っているにも関わらず染色体異常などで先天的な障害を持って生まれてくると予測される場合の堕胎は中絶なのか人工流産なのかを判断するには非常にデリケートな問題を含んでいます。

なぜなら倫理的に障害を持って生まれてくる可能性のある子供を全て流産させるということは現在先天的な障害を持って生きている全ての命を否定することにも繋がりかねないからです。

ただし、一定の線引きをする事は必要なので、少なくともコストに関しては流産、中絶共に健康保険の適用外として扱われることになります。

臨床的には子宮内で胎児を切断するなどして取り出しやすい形にして掻爬する方法が取られるという手技は同じです。

また妊娠と出産に関するものは検査等も含めて全て健康保険の適用外となりますから、流産や中絶が健康保険の適用外となるのは極めて妥当な判断と言えるでしょう。

更に現在では多くの先天性疾患に対しても治療法が確立されている病気があるため、障害=中絶という考え方は改めなければならないのかもしれません。

いずれにしてもこの問題は単純には割り切れない非常に難しい問題と言えるでしょう。

法律上は前提条件として流産は合法、中絶は違法ということになっています。

しかしこの線引きは現場の医師の判断に委ねられているので、現在でも多くの問題点を含んでいると言えます。

つまり、明らかに身体的には中絶であったとしても「暴行または姦淫などによって抵抗出来ない状態で妊娠させられた場合は合法とする」という決まりがあるからです。

また、費用が全額自己負担という事で診療報酬明細書が支払い機関に提出されないため、中絶の実態が把握しづらいという社会的な問題点も指摘されています。

妊娠22週目以降の胎児トラブルについて

胎児が妊娠22週目以降に胎児トラブルが発生した場合には緊急で人工的に出産をさせ、胎児に対して直接的な治療を施すことになります。

この状態を切迫早産と呼びます。

一方で現代の医学では妊娠22週未満の胎児に対して直接施術可能な医療行為というのが存在しないという事になっているのですが、妊娠週の計算方法は日本の場合最終月経日から起算して最初の一週間は妊娠0週目と解釈する方法が採用されています。

国によって妊娠週の計算方法には違いがあるので、国外で人工授精を受ける人の場合は医師から告げられる妊娠週に食い違いが生じる場合もあるという事を知っておきましょう。




このページの先頭へ