痔とは?

痔とは?

「痔」とは肛門とその周辺にかけての傷病の事です。

痔の代表的な症状には3つあり、「いぼ痔」「切れ痔」「痔瘻(じろう)」になります。

では、それぞれの痔の症状別に説明していく事にしましょう。

いぼ痔について

いぼ痔は別名「痔核(じかく)」とも呼ばれています。

直腸や肛門を閉じる役目をする括約筋を含めた組織内の静脈内に血栓などの異常をきたし「イボ状」に変形した状態を指しています。

この痔核が歯状線(肛門の周囲を取り囲む渦巻き状の線のこと)より内側(肛門から直腸にかけて)に出来た状態を内痔核、外側に出来た状態を外痔核と呼びます。

いぼ痔(痔核)は痔の症状の中で最も多い症例で、事務職などの座り仕事をしている人、中年期以降の男性、妊婦などに多いとされています。

  • 内痔核

歯状線の内部(肛門から直腸にかけて)にあるクッションの役割をする筋組織内の静脈が詰まり、うっ血する事でイボ状にふくれあがると発症する症状です。

脱肛と呼ばれる特徴的な症状があり、特に痛みなどの自覚症状はないのですが、指で触れると確認することが出来ます。

具体的には排便時の出血が主なものになりますが、直腸内に痔核が生じている場合には排便時に肛門からめくれ上がるような形で逸脱し、この状態を「脱肛(だっこう)」と呼んでいます。

直腸は粘膜組織なので脱肛が起こるとべたついて下着を汚したり、不快感を伴う場合もあります。

症状が軽微な脱肛や初期の段階では指で押し戻せば元に戻りますが、症状が進行すると脱肛したままの状態となり、手術の適用となります。

・外痔核

歯状線の外側にイボ状の病変が起こります。

殆どが血豆と同じ症状で飲酒や運動で血流が増すと腫れて痛みを伴うことがあります。

ただし内痔核と比べると出血は少ないとされています。

いぼ痔の原因は外痔核も内痔核も長時間座りっぱなしや便秘などで強く息む事で腸壁を傷つけ、そこから雑菌が入り込み血管内で炎症を起こし、血栓を生じて痔核になるというパターンが最も多くなります。

また中年期以降に多くなるのは加齢とともに代謝が落ち、血流も落ち込む事も重要な発症リスクと考えられています。

一方で妊婦に多い理由としてはお腹が大きくなる事で腸が圧迫され、直腸から肛門周囲の血流が滞る事が原因とされています。

切れ痔

切れ痔は文字通り、肛門の筋肉が裂けてしまう症状になります。

主な原因は便秘であり、硬くなった便を無理矢理排泄しようとしたときに肛門が裂けることで発症します。

出血は見た目でわかる程の量が出る場合もありますが、便の色と間違い易く、またごく微量しか出血しない場合などは見た目ではわからない場合も多いようです。

その他の症状としては通常の切り傷同様、刺すような強くて短い痛みがあります。

特に排便時の痛みは強く、細かい切り傷が多いときは擦過傷のように染みるような痛みが走る場合もあります。

傷の程度が大きいと座ったときや動いたときにも痛みが走る場合もあり、止血が中々出来ず、下着を血で汚してしまう場合もあります。

痔瘻(じろう)

痔瘻とは何らかの原因で直腸や肛門周囲に傷が出来、そこから雑菌や細菌が感染して内部で炎症を起こし、化膿して膿みが溜まってしまう事をくり返し、それが次第に臀部の筋組織から外に貫通してしまうことで起こる症状になります。

痔瘻が出来る前段階(直腸や肛門の傷から細菌が侵入して炎症を起こす状態)を肛門周囲膿瘍と言います。

痔瘻が出来やすいのは主に肛門括約筋の強い男性だとされていますが、その理由は括約筋が丈夫なため、内部で発生した炎症が括約筋周囲の弱い筋組織に向かって進行していくからだと考えられています。

痔瘻が出来る原因としてはストレスや下痢(過敏性腸炎)、免疫力の低下などになります。

具体的な症状としては肛門の周囲が腫れて強い痛みを覚えます。

また発熱を起こす場合もあり、肛門周囲の皮膚を破って膿みが出続けるため下着が汚れ強い悪臭を放つこともあります。

(痔瘻から便が漏れる場合もあります)




このページの先頭へ