白内障とは?

白内障とは?

白内障とは加齢によって引き起こされる眼症状の代表的なもので、眼球内にある水晶体が白濁して視力が低下するという病気です。

水晶体はカメラで言うとレンズのような働きをする組織で、外部からの光を集めてピントを合わせるという役目を担っています。

健康な状態では透明ですが、白内障では白く濁ってしまうため光が眼底に届かずに視力が低下してしまうという症状を呈します。

白内障の症状と原因

白内障の主な症状は

  • 視界がかすむ
  • 視力の低下
  • 健康な時には特に意識しなかった光がまぶしく感じる(光過敏)
  • 暗いところと明るいところではものの見え方が極端に違っている

などになります。

水晶体が白濁する原因は経年劣化によるものだと言われています。

水晶体はたんぱく質からできていて、他の臓器や器官と同様に代謝が行なわれています。

つまり、代謝によって古い細胞は新しい細胞と入れ替わるのですが、加齢によって代謝が落ちると細胞の入れ替わりがスムーズに行なわれなくなってしまい、その結果、寿命を迎えた古い細胞や紫外線などで傷つけられた細胞がそのまま水晶体内に残ってしまうことになり、それが「白濁」の原因となっているのではないかと考えられています。

加齢以外の原因でも白内障は起こりますが、原因別の有病率を調べてみると一番多いのが加齢による白内障で、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。

加齢以外の白内障の原因としては

  • アトピー性皮膚炎や糖尿病、風疹などの病気の合併症として発症するもの
  • 先天性の白内障
  • 目の怪我によるもの(外傷性白内障)
  • ぶどう膜炎など目の感染症によるもの(感染性白内障)
  • 放射線治療やステロイド治療の副作用による白内障

などがあります。

白内障の治療法

白内障の治療で最も一般的なのは手術によって水晶体の濁りを取り除き、そこに眼内レンズを挿入するという方法になります。

ただし、仕事や日常生活に支障が出ていない程度の進行具合であれば、点眼薬による保存的な治療も可能です。

かなり進行した白内障でも手術をすれば視力を回復させる事はできますが、速い段階で発見すれば投薬治療が可能なので、白内障が疑われる場合は速やかに眼科を受診するようにしましょう。

白内障の初期症状

白内障は初期の段階ではほとんど無自覚症状の病気です。

症状が進行してきてはじめて白く濁ったように見える、光がまぶしく感じる、物がかすんで見えるなどの自覚症状が出てきます。

この段階でも日常生活や仕事に影響が無い程度だと疲れ目と思い込んで放置しがちです。

しかし、症状が出始めても初期の段階であれば投薬治療が可能ですから、視力が落ちてきたと感じたらすぐに眼科を受診するようにしてください。




このページの先頭へ