蓄膿症で手術が必要となるのはどんな場合?

蓄膿症の主な症状

副鼻腔炎には主に次のような症状があります。

  • 鼻水、鼻づまり
  • 頭痛、顔面痛(主に急性期)
  • 発熱
  • 自覚異臭(本人のみ感じて他人には感じない悪臭)
  • 咳、痰
  • 嗅覚障害

副鼻腔炎は呼吸器疾患の随伴症状や二次的な症状として発症する事が多く、大抵のケースでは原因となる基礎疾患の治療を行なえば副鼻腔炎の症状も自然と消失していきます。

しかし、中にはアレルギー性疾患や自己免疫性疾患などによって慢性的に副鼻腔炎の状態が継続する場合があり、3ヶ月以上副鼻腔炎の状態が継続した場合に「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」という診断が下されます。

また、生まれつき副鼻腔の形が変形していたり、免疫機能に異常がある場合も蓄膿症を発症しやすくなります。

蓄膿症の直接的な原因

鼻腔と副鼻腔は繋がっているので、蓄膿症の病巣範囲は広く、鼻腔から副鼻腔全体にかけてという事になります。

また前章でも説明した通り、副鼻腔内や鼻腔の奥の方で起こった炎症によって発生した膿みは自然口と呼ばれる排泄器官から排泄される仕組みになっていますが、蓄膿症ではこの自然口が何らかの原因で塞がってしまうため上顎洞(じょうがくどう)に膿みが溜まるという仕組みになっています。

したがって蓄膿症の手術と言った場合は副鼻腔の炎症を取り除くための手術と自然口の閉塞を修復する手術とが行なわれる事になります。

副鼻腔は顔全体の1/3以上の広さを持つ広大な空洞なので、蓄膿症を発症する炎症がどこに起こっているかを突き止めることが非常に重要な診断となります。

そのため副鼻腔に関する手術の手技は非常に多岐にわたります。

副鼻腔手術の手技の種類

  • 鼻茸摘出術
  • 出血性鼻茸摘出術
  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅰ型(副鼻腔自然口開窓術)
  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術)
  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術)
  • 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅴ型(拡大副鼻腔手術)
  • 上顎洞性後鼻孔ポリープ切除術
  • 鼻副鼻腔腫瘍摘出術
  • 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術
  • 経鼻腔的翼突管神経切除術
  • 萎縮性鼻炎手術(両側)
  • 後鼻孔閉鎖症手術
  • 鼻中隔矯正術
  • 変形外鼻手術
  • 上顎洞開窓術
  • 前頭洞充填術
  • 上顎洞血瘤腫手術
  • 上顎洞根治手術
  • 鼻内上顎洞根治手術
  • 副鼻腔炎術後後出血止血法
  • 鼻内篩骨洞根治手術
  • 篩骨洞根治手術
  • 鼻内前頭洞根治手術
  • 鼻外前頭洞手術
  • 鼻内蝶形洞根治手術
  • 上顎洞篩骨洞根治手術
  • 前頭洞篩骨洞根治手術
  • 篩骨洞蝶形洞根治手術
  • 上顎洞篩骨洞蝶形洞根治手術
  • 上顎洞篩骨洞前頭洞根治手術
  • 経上顎洞的顎動脈結紮術
  • 前頭洞篩骨洞蝶形洞根治手術
  • 汎副鼻腔根治手術
  • 経上顎洞的翼突管神経切除術

蓄膿症手術と一口に言っても、これらの手術が単独もしくは複数同時に行われる事になります。

日帰りで可能な手術もあれば、長期間の入院が必要な手術もあります。




このページの先頭へ